読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ブラン@UberEATS配達員

【最新版】UberEATSの配達員をやってみた!

【閲覧注意】背後から見つめるモノ

ふと、背後から視線を感じて振り返った経験はないだろうか?

 

振り返っても誰もいない。

「気のせいか」と思い、踵を返しまた歩き出す。

 

最近、私(@UberEATS_Blan)も似たような経験をしてしまった。

同じ経験ではなく似たような経験と表現したのには理由がある。

 

背後からの視線を感じて振り返ると、この世の人ではないモノ が私を見下ろしていた。

そう、目があってしまったのである....

 

ここから先は自己責任で進んでほしい。

 

続きを読む

もし配達用のLINEスタンプがあったら  #UberEATS

こんにちは、ブランです。(@UberEATS_Blan

 

UberEATSのパートナーをしてから多くの方と情報交換するにあたってTwitterやLINEはとても重宝している。

 

今では社内連絡もLINEでするケースは増えているのではないでしょうか?

このアプリの特徴は主に2つ「既読」「スタンプ」である。

 

私宛に送った仕事の連絡のLINE「既読」ならない事で、仕事中銭湯に行っている事がバレてしまった過去がある (´・∀・`)

 

そして「スタンプ」はさらにトークに彩りを与える。

 

疲れた時は

どうもブラン(@UberEATS_Blan)です。

 

UberEATS配達員はとても自由です。(ノ`・∀・)ノ

時に立ち漕ぎに疲れ、都会に迷い、寒さに身を凍え、雨に打たれ、ヨダレ垂らし、白目をむく。

私のような体たらくの人間は、疲れたらすぐに引きこもります。
 

そのような時は、銭湯で汗を流し、読書をして心を落ち着かせます。そうしたら素敵な本に出会いましたので紹介したいと思います。

 

あ、ふらっと銭湯に行ったら定休日だった時は奇声を発します。(*´・ω・)

 

続きを読む