ブラン@UberEATS

UberEATSと猫が好き。

多様性の必要性と意義

スポンサーリンク

ブラン(@UberEATS_Blan)です。

小一時間ヒマしていたのでブログを更新したいと思います。

 

連休でしっかりとリフレッシュ出来たので今回は少し真面目なお話を。

今回のテーマは 「多様性」の必要性とその意義とは。


東京の女性都知事風にいうならダイバーシティの事である。お台場の施設もこのネーミングの意味合いも掛けている。

 

そして多様性は他人の中にだけでなく、自分の中にもある


では多様性とはなにか。

多様性とはなにか。


自分と違う他人を認めるという事。

みんな違くて当たり前。

10人いたら10通りの考えがあってしかるべき。


それが個性なのではないだろうか。


量産型みたいに右に倣えではつまらない。長所と短所を含めて凸凹の方が個性が際立つ。

コツというか考え方はいたってシンプル。


「多様性」意見の違う相手を認める

考えが違う相手を批判したり争っても何も始まらない。そしてもう一つ大事な前提がある。

「認める」「受け入れる」とは違う。

このロジックが大切なのである。

認めるが批判をするときもある。当然違う意見を相手が持つのも当然だろう。

排他的な考えは非生産的

受け入れなくても良い、自分と違う考えの人を認めるだけ。
どっちが正しい、どっちが間違っているではない。ただ相手を認めるだけ。もちろん反対意見も持っても良いのだろう。

多様性を尊重するということは、どんな人とでも仲良くしないといけないと懸念をしてしまうが、決してそんなこともない。合わない人同士、仲良くする必要はないと思う。

無理に合わようとすることで心が磨り減り、自分を見失う

ただ自分と違う考えの人を「攻撃」する必要はどこにもない。

攻撃し反撃され反感を買ってしまうのは生産的ではない。
「自分と違う考えの人は排除する」という排他的な考えからでは何も生まれない。そして自分の価値観も狭めてしまう。

目の前の現実はいたってシンプルである。
ただ認めるだけ。受け入れなくても良いし、合わせる必要もない。

多様性を認め合う社会

では、多様性を認め合う社会とはどのようなものか。

ただ私たちは弱くもないが強くもない。だから情報だって効率的に共有もしたい。出来る限り共存するべきだと思う。

多様性がある社会が理想的にまわるためには、お互いが違うことを認識し、自分が好きなようにするが、自分と違う考えの人を排除をしないということ。

考えの違う人は考えの違う人として、共存できる道を探していくこと。
自分と考えの違う相手を認めるということは相手に対して尊重の敬意を払うことに繋がるのかもしれない。

自分と違う相手がいて当たり前

こう思うだけでもしかしたらもっと気楽に生きられるのかもしれない。
目の前の相手に無意識のバイアスをなくし、相手の声に耳を傾ける。たったこれだけのことでもしかしたら今まで知らなかった相手の、新しい一面を発見できるかもしれない。

実践となればやはり難しい。私も未だ修行中。 しかしこの意識は持ち続けたい。

自分の中にもある多様性

そして冒頭にも記載したが、多様性は他人の中にだけでなく、自分の中にもある

自分の中に強さと弱さがんばり屋となまけ者と、猫好きな自分もいるがモモンガも意外と好き。色んな間が共存していることを認めることができる人は、自分の中の多様性を活かすことができるのだ。

社会の多様性があることを認識できる人は、それらの多様さの一つが自分であることも実感ができる。そしてそれは自分自身の幅を広げることにつながる。すなわち多様性に向き合うことが、自分の価値を見出すことなのかもしれない。


お互いを認め合いながらみんな好きに伸び伸びとやればいい。人の顔色を気にする必要もない。
無理に人に合わせたり、人の発言を意識したりせず、堂々としていれば良い。

そして社会の多様性にはUberEATSの働き方にも該当する。
時間を見て自分のペースで頑張りたいと思う。

最後に。

GW中に放置していたTwitterを見て驚いております。

いくつかのDM頂きまして、ありがとうございました。

フォローの挨拶。猫の件。ブログを始めたいという相談など。

 

送られたDMの中でもっとも衝撃的だったのが『俺は犬派だ!裏切り者!!』

というのもありました。

「ちょwwおまwwww裏切り者!!ってwwwww」

私は読んだ瞬間に思わずコーヒーを吹いてしまいましたw

確かに私は猫が好きです。

しかし、私はあなたの意見も多様性として認めています。

 

f:id:Blan:20170508105653j:plain


そこら辺は持ちつ持たれつ未来志向で行きましょう(ↀДↀ)✧


GWを使って「UnerNEKO」の社外秘データを入手しました。


前回の記事はこちら。

www.blan.tokyo

 
許可が出ましたのでレポートにまとめ発表したいと思います。

最後までお付き合いありがとうございました。

私はこの後コナンを見に行ってきたいと思いますw

www.conan-movie.jp

 

それではさようなら。


 UberEATSの配達員になろう!

好きな服装好き時間好きな勤務地(エリア内に限る)を全て自分で選ぶことが可能である。

空いた時間を効率良く活動できます。東京に住んでいなくても働けます。

週末は東京に買い物行くから、午前はUberEATSの配達でがっつり稼いで午後から買い物などあなたのタイミング高収入を目指せます!

紹介コードからの登録はこちらから。

f:id:Blan:20170514060503j:plain

氏名(ローマ字)・メールアドレス・電話番号・パスワード(自分の好きなもの)を入力すればUberEATSから通知が来ます。

その後、あなたのタイミングでパートナーセンターへ行き配達に必要なアイテムを取りに行きましょう。

登録時にわからない箇所などあればパートナーセンターでも設定が可能です。とても親身にサポートしてくれます。

 

この記事もアクセスが多いです!

www.blan.tokyo


なんとなく作りました。 配達するときに使えるものがあれば使ってください。。

「配達中!」

store.line.me

そして以前に登場しました彼もよろしく♪

「お茶の間せんべい」

store.line.me

Tweetを見ていたたげれば私が猫が好きな事がご存知かと思いますが、飼い猫、野良猫などの情報に敏感です。(ΦωΦ) 素敵な猫の情報があればTweetして頂ければ喜びます。

そこら辺は持ちつ持たれつ未来志向で行きましょう(ↀДↀ)✧