ブラン@UberEATS

UberEATSと猫が好き。

他人の価値観ほどあてにならない。

スポンサーリンク

※これらは猫の世界の話です。現実世界とは事実と異なります。 

どうも、ブラン(@UberEATS_Blan)です。

人と話す時に、知らないうちにこのような言葉を聞いた経験はないでしょうか?

  • ◯◯らしい
  • ◯◯っぽいよ
  • 普通は◯◯だ

何気なく使う言葉ですが、考え直すと曖昧な言葉であります。

話している側 A が言う「普通」は、聞いてる側 B からしたら「普通ではない」かもしれない。

 

人の価値観は生まれた場所や育った環境、周りの人などの影響を受けることも大きく左右する事でしょう。

ただ現時点ではっきり言える事は「他人の価値は何を基準にするのかわからない」という事。

 

【多様性】について書いた記事はこちら。

www.blan.tokyo

 ここで重要なのは、自分の「当たり前」が、相手にとって「当たり前とは限らない」

 

いかに「他人の価値観ほどあてにならない」ものなのかこんな物語を紹介したいと思います。

 

【3匹の猫】

 ある男はニュース速報を見て急いでペットショップに向かった。

f:id:Blan:20170803144814p:plain

天才猫現る、ニャンとアプリを作成『UnerNEKO』

噂の猫を飼おうとペットショップに入り、店員に尋ねた。

ショーケースには小さくとても可愛く、毛並みの良い猫たちが並んでいる。

 

「猫が欲しいのだが、置いているかね?」

 

店員が答えた。

「はい、ここに3匹ございます。」

 

「このアメショーはいくらだい?」

 

20万円です。」

 

男は驚いて、なぜそんなに高いのかを尋ねた。

 

店員曰く、

「この猫は特別でGoogleで検索ができるのです。しかもとても早く正確です。」

 

f:id:Blan:20170726165847j:plain

 

「ほう。ではこのラグドールはいくら?」

 

「こいつは50万円です。こいつはGoogleで検索に加えて、アプリの作成まですることもできます。」

 

f:id:Blan:20170726170022j:plain

 

「そいつは凄いな。じゃこの茶トラは?」

 

100万円です。」

 

f:id:Blan:20170726170005p:plain

 

100万円!?こいつには一体なにが出来るんだ?」

 

「さあ、わかりません。ただ、他の2匹がこいつをボスと呼んでいますので・・」

 

 

このように「他人の価値観ほどあてにならない」でしょう。

大切なのは、他人の価値観に自分の人生を押し込める事なく、自分で考え自分の人生を生きましょう。

 

 

おしまい。

 

うっかり信じてしまった場合の対策として、記事トップに「※これらは猫の世界の話です。現実世界とは事実と異なります。」という隠し文字(背景と同色にした文字)を入れています。反転することで確認できます。記事引用の際、これらの文言は、省いていただいてかまいませんが、このことから生じる結果責任は、引用者の自己責任でお願いいたします。

【UnerNEKO】過去記事

 

www.blan.tokyo

www.blan.tokyo